ソリューション
HOME > ソリューション > 医療IT

ソリューション



日医標準レセプトソフト「ORCA」について

日医標準レセプトソフト「ORCA」九州No2の導入実績には理由があります。

日医標準レセプトソフト(通称:ORCA オルカ)は日本医師会様が開発、改良をし続けているレセプト作成ソフトです。
各種レセコンの中でも、過去6年間で最も普及したレセプトソフトになります。(2012年12月現在 12,491件の医療機関で導入!)度重なるバージョンアップを繰り返して、進化した現在のオルカは破竹の勢いで全国拡大中です。
なぜいまORCAが選ばれているのか?その魅力をご紹介いたします。

日本医師会総合政策研究機構のホームページはこちら


1.ORCAが選ばれている理由

手軽に導入が可能
ORCAでは、最新の薬のマスタや最新のプログラムを、ネットワークを通じて簡単に入手することができます。法改定の際も、ボタンひとつで対応が完了し、改正料金は一切かかりません。

導入、運用コスト軽減
日医標準レセプトソフトは日本医師会が提供する無償ソフトです。メーカー製レセコンと違いソフト費用が発生しないため、低価格で導入いただけます。また、PCが古くなった場合の買い替えもハードのみで済むため、運用コストを軽減できます。

導入実績による安心と信頼
既に12,000を超える医療機関に導入いただいています。先行使用している医療機関からの要望を取り入れ実装しており、これからも更なる使い勝手の向上が見込まれます。

2.ORCAの導入メリット

〜なぜORCAが選ばれているのか〜

【オルカ導入のメリット】

低コスト→従来のメーカー系レセコンと比較して、初期導入費用と将来的なコストが格段に経済的です。
入力データの2次利用が可能→経営指標管理や帳票のカスタマイズが可能です。
インターネットによるマスタ更新→新薬の情報やプログラム更新がインターネット経由でボタンひとつで行えるので、早くて安心確実です。
ORCA対応システムとの連動が可能→オープンソースのため様々な電子カルテや医療機器と連携が可能になります。
二重バックアップによるデータ保護→2つのミラーサーバーで運用するため、トラブルがあっても診療を止めません。
データの保存期間に制限がない→オルカは過去のデータを全て保存しているので、5年以上前の診療データを確認することができます。

オルカは、一般的に導入コストと、5年10年かけてご利用になられる場合の生涯コストが、非常に経済的であることが知られていますが、価格面だけではなく様々な拡張性を含んだ優れたレセプトソフトということができます。
オルカはオープンソース(ソフトウェアの設計図に当たるソースコードを、インターネットなどを通じて無償で公開し、だれでもそのソフトウェアの改良を行うことが可能)であるため、患者様の診療データを統計表に加工したり、周辺ソフトの開発が様々なソフト会社で行われています。


【オルカ導入の経済優位性】
オルカは日本医師会がソフト開発を行い、フリーソフト(無償)として公開されていますので、インターネットを通じて常に最新のバージョンでのご利用が可能です。そのため、新機種を購入しなければ新しい機能を利用できないということがなく、継続して常に最新状態で利用することができます。また機械を新しくする際にもハード部分のみの入替え費用で済むので経済的です。


3.システムクレオならではの特長

安心の2台運用
当社では、機器の標準構成をメイン・サブサーバの2台構成としています。万が一、トラブルで1台のPCが止まっても、もう1台のPCで継続して運用できる為、業務を止めません。

レセコンから周辺機器までトータルサポート
当社の保守サポートは、ソフト保守・ハード保守の両方を行っているのが特徴です。レセコンの問い合わせのみならず、プリンタの調子が悪い、インターネットに繋がらないといった周辺機器のトラブルにも対応致します。 サポートについてはこちら(サポートへリンク

電子カルテ、その他連携ソフトとの連動
ORCA連動の電子カルテ、連携ソフトの導入実績も多数あります。電子カルテ等では特に、院内全体でスムーズに運用することが求められます。当社では、商品を通して院内全体にメリットが生まれるよう、操作指導から運用提案まで、全面的にサポート致します。


4.既存レセコンからのデータ移行について

患者情報、保険情報、病名はもちろんのこと、レセプト電算データを用いた診療行為コンバートも行っています。また、既存レセコンの診療行為や病名の入力で使っていた入力コードも引き続き使用可能です。スムーズなレセコン入れ替えをサポートします。
※移行可能な項目は既存レセコンメーカーにより異なります。ご相談ください。


5.導入までの流れ

事前準備
お客様と打合せの後、当社にて納品準備を行います。(患者情報、診療行為のデータ移行、セット登録など)

納品、指導
インストラクターによる指導を行います。お客様の環境に応じた操作指導を致します。

<指導例>
1回目:患者登録、病名登録
2回目:診療行為入力
3回目:診療行為入力、入金関係
4回目:メンテナンス関係
5回目:レセプト請求

本稼働
ORCAで稼働します。必要に応じて、本稼働に立会います。

稼働後
定期巡回に訪問します。必要に応じて、レセプト請求に立会います。


6.システムクレオ販売実績

九州のORCAの15%以上を当社で導入しており、全国でトップクラスの実績があります。特に本社のある熊本県での実績は288件で、県内トップシェアを誇っています。(シェア率 56.1%)


7.ご提案機器の基本構成について

当社は、診察を止めないことを第一に、オルカを長くご利用頂くため、サーバー本体を2台で運用するご提案を行なっています。
また、既存のレセコンからのデータ移行やレセプトチェックシステム、紹介状・診断書等文書作成支援システム、診察券発行システム、診察予約システムなど、診療の効率化・レセプトの正確性をサポートするために、幅広い周辺ソフトからお選び頂けます。


8.システムクレオのオルカサポート体制について

サポートページをご覧ください。
ORCA連動周辺ソフトへ
お見積りなど、お問い合わせはこちらから


 
ページの先頭へ
クレブロ(システムクレオのブログ)
株式会社システムクレオ 採用情報
医療ITセミナー
システムクレオのFACEBOOKページ
プロボノアジア ホームページ